競馬予想

2020年1月11日(土)中山競馬場で、迎春ステークスが開催される。コースは芝2200メートル外回り。

競馬は1600M(1マイル)が基本の根幹距離と言われており、スピードとスタミナの半々を問われる距離とされている。

根幹距離とは、400Mで割り切れる距離のことを指し、2200Mも根幹距離に当たる。

しかしマイルと違い迎春ステークスの舞台で問われる能力は、スピードよりスタミナに比重がかかる距離でもある。割合にしてスピードが4割スタミナが6割ぐらいか。

迎春ステークスを予想する際には、こういった適正に合う馬を見つけることが必要だと思う。

迎春ステークスの過去を振り返り、2020年の出走予定馬から勝ち馬を予想してみよう。

迎春ステークス 過去

迎春ステークスの過去5年の勝ち馬を、まとめた表が以下。

2019 2018 2017 2016 2015
勝ち馬 ウラヌスチャーム ノーブルマーズ ミライヘノツバサ ヤマニンボアラクテ トーセンアルニカ
単勝人気 1番人気 1番人気 2番人気 3番人気 2番人気
単勝オッズ 2.6 1.8 3.4 5.6 5.3

過去5年、単勝3番人気までの馬で勝ち馬が決まっている。穴党には望み薄のレースだと言える。

そんな本命志向の迎春ステークスで、過去5年で単勝1番人気に支持されつつも期待を裏切った馬は…

スズカヴァンガード、スティーグリッツ、サラトガスピリットの3頭。

これらの馬は、芝の2200Mより長い距離に良績があった。

また勝ち馬は芝の2200M以下の1800M~2000Mに良績があり、冒頭で触れたように、スタミナ6割スピード4割くらいの馬が本命候補になる。

迎春ステークス 2020

2020年の迎春ステークスの出走予定馬で、人気するであろう馬は現在3頭存在する。(以下)

馬名 サトノエルドール シルバーソニック ルーカス
予想単勝人気 1番人気 2番人気 3番人気
予想オッズ 3.5 4.8 5.5

サトノエルドールは全12戦で複勝率100%、シルバーソニックは、全6戦で連対率100%と馬券からは外せない上位2頭。ルーカス以下は予想オッズに差があったので、過去が示す通りこの3頭の中で勝ち馬が決まると想定している。

迎春ステークス 予想

迎春ステークスの過去を分析した結果をもとに、予想をしていきます。

出走予定馬、予想オッズ上位3頭の中で、2200M以上の距離はイマイチだが、1800M~2000Mの距離に良績があるのは、サトノエルドール

サトノエルドールは中々、勝ちきれないのが唯一の不安も、シルヴァ―ソニックは前走2400Mの距離で買っているのでスタミナに比重がかかりすぎる感がある。この舞台で問われる能力を考えると、サトノエルドールの単勝勝負が望ましい。ルーカスはスピードに比重が傾いているので、ここではオミットした。